ringocat note

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ringocat note

iPhone、Mac、雑記の記録。”ringocat”のメモ的備忘録的ノート。

サポート対象外のMacにmacOS Sierraをインストールした【iMac Early 2008 】

macOS Sierra

 

古いMacでは「macOS Sierra」からサポート対象外となったものがあり、ワタシのMac「iMac Early 2008」も今回の「macOS Sierra」からサポート対象外となってしまいました。

 

けれど、そんなサポート対象外となってしまったMacに、macOS Sierraをインストールすることができるパッチツールが公開されていますので、早速試してみました。

下記リンクのページにその手順が載っているのですが、当ブログでは「日本語」で詳しくその手順を解説しておきたいと思います。

macOS Sierra Patch Tool

 

 また、macOS Sierraサポート対象外となってしまったMacでの、macOS Sierraの今後のアップデート方法も記事にしてみましたので、下記から参考にしてみてください。

www.ringocatnote.com

 

 

macOS Sierraからサポート対象外となったMac

  • MacBook:2008 / Early2009 / Mid2009
  • MacBook Pro:2007 / 2008 / 2009
  • MacBook Air:2008 / 2009
  • Mac mini:2009
  • iMac:2007 / 2008 / Early2009 / Mid2009
  • Mac Pro:2008 / 2009
  • Xserve

 

パッチの必要条件

次のMacでパッチを利用することができます。

  • Early 2008以降のMac Pro, iMac, MacBook Pro (MacPro 3,1 and 4,1, iMac 8,1, 9,1, MacBook Pro 4,1, 5,1 5,2, 5,3, 5,4, 5,5)
  • Late 2008以降のMacBook Airまたは、アルミニウム Unibody MacBook (MacBookAir 2,1, MacBook 5,1)
  • Early 2009以降のMac Miniまたはwhite MacBook (Macmini 3,1, MacBook 5,2)
  • Early 2008以降のXserve (Xserve 2,1)

パッチがサポートされていないMac 

  • 2006-2007 Mac Pro, iMac, MacBook Pro, Mac Minis(MacPro 1,1, 2,1, iMac 4,1, 5,1, 5,2, 6,1, 7,1, MacBook Pro 1,1, 2,1, 3,1, Macmini 1,1, 2,1)
  • *CPUは、PenrynのベースのCore 2 Duoプロセッサにアップグレードされている場合2007年のiMac 7,1は互換性があります。
  •  2006-2008のMacBook(MacBookの1,1, 2,1, 3,1, 4,1)

 

 

パッチの既知の問題点

 ところでこのパッチは非公式のパッチですので、Macによっては一部機能に問題がでてくるとのことです。

 下記がそれをリストにしたもので、黄色に塗られているモデルはWi-Fiが使えなくなる問題があり、2007年モデルのMacではCPU自体が対応していないので、macOS Sierraのインストールは無理のようです。

ワタシの「iMac Early 2008」では、Wi-Fiが使えなくなりましたが、iMacですので、普段から有線で使っているので特に問題はありませんでした。

th_macgpic-1467104030-2545799492916-co1-jpt

※2017年4月1日

ワタシの使っているiMac Early 2008で、macOS Sierra 10.12.4にバージョンアップしたところ、ディスプレイの輝度調整が出来なくなってしまいました。

輝度調整は、「Brightness Slider」というMacアプリを使うことで解決することにしました。 

www.ringocatnote.com

 

インストール手順

はじめに

macOS SierraがサポートされていないMacに、パッチツールを使ってSierraをインストールするのは、あくまで「自己責任」でお願いします。

「SIP」の無効化

macOS Sierraをインストールする前に、「SIP」を無効化します。 

「commandキー + R」を押しながらMacを起動します。

「ユーティリティー」→「ターミナル」を開き、

csrutil disable

と入力し、Macを再起動します。

「Model ID」を覚えておく

上記リストの「Model ID」は、後々macOS Sierraのパッチを当てる際に必要となってくるので、自分のMacの「Model ID」を覚えておきましょう。

USBメモリの準備

インストール起動ディスクを作るために、8GB以上のUSBメモリが必要となってきます。

Amazon.co.jp: USBメモリ 8GB

Amazon.co.jp: USBメモリ 8GB 

USBメモリの初期化

USBメモリをMacにセットし、Macの「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ディスクユーティリティ」を立ち上げて初期化します。

 

USBの名前には「macOS」と名前を付けてください。

フォーマット「OS X 拡張(ジャーナリング)」と、方式「GUIDパーティションマップ」を選択し、「消去」をクリックしてUSBメモリを初期化します。

USB初期化

 

macOS Sierraのインストールファイルをダウンロード

USBメモリの準備ができたら、こちらのサイトから、「macOS Sierra」のインストールファイルをダウンロードします。

パッチダウンロード

 

ダウンロードを開始してしばらくすると「データ制限を超過しました」といウィンドウがでてきます。

サイトの無料アカウントを作ればダウンロードできるようになるので、項目を入力してアカウントを作成します。

アカウント登録

 

入力したメールアドレスに確認のメールが届きますので、メールからリンクを飛んで、アカウントの確認を行います。

↓メール画面

メール画面

 

メールアドレスと、パスワードを入力してアカウントを確認。

登録画面

 

アカウントのタイプは「無料」を選択。

アカウント無料を選択

 

無事アカウントが作成されたら、先程のページへ戻って、今度こそmacOS Sierraのインストールファイルをダウンロードします。

macOS sierraダウンロード

ダウンロードに使うバンド帯によって規制がかかり、ダウンロードが途中で止まってしまう場合があります。

その場合、時間を変えてダウンロードを試しみることで、ダウンロードが可能となることがあります。何度か時間を変えてチャレンジしてみてください。 

 

また、前述の「アカウントタイプ」の設定画面で一ヶ月だけでも4.99€(ユーロ)のLITE版にすることで、バンド帯に規制のないダウンロードも可能のようです。

 

ダウンロードファイルの解凍

 ダウンロードが完了したら、ZIP形式で圧縮されていますので、ファイルをダブルクリックして解凍しておきます。

解凍

 

パッチツールのダウンロード

次に、こちらからパッチツールをダウンロードします。

 

USB起動ディスクを作る

USBから起動するmacOS Sierraのインストーラーを作ります。

 

先ほどダウンロードした「macOS Sierra Patcher.dmg」をダブルクリックしてマウントし、マウントしたディスクの中の「macOS Sierra Patcher.app」を”右クリック”から開きます(左ダブルクリックでは開けません)。

開かれたウィンドウの左側の「Click icon to Browse...」のアイコンをクリック。

Patcher画面

 

先ほどダウンロードして解凍したSierraのインストーラ「Install macOS Sierra」を選択して「Open」をクリック。

Patcher画面

 

OK。

確認ウィンドウ

 

「Volume:」に「USBメモリ」を選択して、「Start Operation...」をクリック。

パッチツール画面

 

 Yes。

確認ウィンドウ

 

USBメモリに、macOS Sierraのインストールファイルのコピーがはじまります。

途中、何度か”進行バー”がまったく進まなくなるのですが、コピーの処理は行われていますので気長に待ってみましょう。

ワタシの場合、コピーが完了するまでに25分くらいかかりました。

インストールファイルコピー

 

コピーが完了すると、青い”進行バー”がMAXになり、その上に「Complete!」とでてきます。

これでインストールディスクの作成が完了しました。

ウィンドウ左上の”バツ”ボタンを押してウィンドウを閉じます。

コピー完了

 

macOS Sierraのインストール(USBから起動)

「オプションキー」を押しながらMacを再起動して、USBから起動。

USBから起動

 

インストーラーが起動し、macOS Sierraをクリーンインストールしたい場合は、「メニューバー」→「ユーティリティ」の「ディスクユーティリティ」からハードディスクのフォーマットを行います(上書きインストールの場合は必要ありません)。

メニューバー

 

フォーマットから「Mac OS Extended(Journaled)」を選択し、「消去」。

フォーマット

 

続けるをクリックしてインストール開始。 

インストール開始

 

パッチツールのインストール(もう一度USBから起動)

インストールが完了したら、次にパッチを適用するために、もう一度オプションキーを押しながらMacを起動して、USBから立ち上げます。

USBから起動

 

メニューバーの「ユーティリティ」から、「mac OS Post Install...」を選択。

ユーティリティ選択

 

「Choose your Mac Model:」で、一番はじめに覚えた自身のMacの「Model ID」を選択します。

あとの項目は、モデルに合わせて自動的にチェックマークが入ります。

この時、「Recovery Partition Patch」にもチェックを入れることで、「復旧ディスク」が使えるようになるので、チェックを入れておくといいでしょう。

 

「Select Volume:」で、macOS Sierraをインストールしたディスクが選択されていることを確認して「Patch」をクリック。

パッチ設定画面

 

「Reboot」をクリック。

reboot

 

macOS Sierraインストール完了!

以上でmacOS Sierraのインストールは完了です。

Macが再起動し、Sierraから立ち上がります。

はじめのMacの簡単な設定を行い、macOS Sierraにログインしましょう!

 

このMacについて

 

お疲れ様でしたm(_ _)m

 

それでは、よいMac ライフを(^o^)丿

 

追記:

macOS Sierraののアップデート方法は下記記事を参考にしてみてください。

www.ringocatnote.com

スポンサーリンク

 

Copyright © 2016 ringocat note. All rights reserved.
プライバシーポリシー