RingoCat Note

RingoCatの備忘録的メモ的ノート

iPhone Xの生産が2018年後半で終了か?

スポンサーリンク

2017年の11月に発売されたばかりのiPhone Xですが、その生産も、2018年の後半で終了してしまうのではないかとの見方が広まっているようです。

今までなら、一般的に新しいiPhoneを発売した時に、古くなったiPhoneのモデルの価格を下げ、より広い市場に対応しようとしていたのですが、次世代のiPhoneのラインナップでは、アップルはそうしない可能性があるそうです。

 

高価だが競争力のないiPhone X

次世代iPhoneのラインナップは、3機種と噂されており、ひとつ目の機種は、iPhone Xの純粋な後継機で、iPhone Xと同じ大きさで、iPhone Xのアップグレード版と考えられています。

2つ目の機種は、iPhone Xの画面の大きさを大きくした、iPhone X Plus?

3つ目の機種は、液晶ディスプレイの廉価版iPhoneと噂されています。

どのモデルも、A12プロセッサーを搭載し、アップグレードされたモデムが搭載される予定で、iPhone Xよりも速くて魅力的なモデルとなるもよう。

ひとつ目と2つ目のモデルのディスプレイには、iPhone Xに採用されたOLEDではなく、より高度な有機発光ダイオードを使用するとの噂も出ています。

 

Rosenblattのアナリストによると、現行のiPhone Xの後継機種が799ドルから999ドル(約8万8000円~約11万円)で、現在のiPhone Xよりも遥かに安くなるだろうと考えられているようです。

 

そして、2018年に発売されるiPhone Xの後継機種が、現在のiPhone Xよりも低価格で販売され、アップルが目標とする低価格帯をターゲットとした低価格モデルを計画としているならば、今後のラインナップの中に、iPhone Xが生き残る価格帯の余地はないだろうとの見解のようです。

 

また、アナリストのJun Zhang氏は、6月の四半期に、アップルは売上に伸び悩むiPhone Xの生産を1000万台も削除する計画があるとも述べています。

この四半期のiPhone Xの出荷台数は、2000万〜3000万台になると予測されていましたが、蓋を開けてみれば、この四半期の生産量はわずか1,500万台くらいになるのではないかとアナリストは述べています。

 

次世代iPhoneについて

2018年の秋に発売されるであろう次世代のiPhoneは、前述の3モデル構成で全てフル画面モデルとなり、Face IDの更なる精密化や、メモリの拡大などが噂されており、iPhone Xの画面上部に設けられている”ノッチ”と呼ばれる部分がなくなるのではないかとの噂もでています。

 

まとめ

2018年に発売される新世代iPhoneの発売と同時に、価格の値下げで延命されるのではなく、その生産を終了させてしまうのではないかと噂され始めたiPhone X。

iPhone発売から10周年を記念して、iPhone 8と共に鮮烈なデビューを果たしたiPhone Xですが、その役目は僅か1年で終わることになるのでしょうか。

いずれにせよ、iPhone Xは次世代へと繋ぐ実に挑戦的で意欲的な、大切な位置づけのiPhoneだった事に間違いはないでしょう。

 

ところでワタシも毎日iPhone Xを愛用していますが、いつ使っても何かワクワクするような、何かを”仕出かして”くれそうな、そんな魅力的なiPhoneとなっている気がします。

このワクワクを、以後、多くの方に体感して頂けるなら、ワタシの心もまたワクワク踊らされるような、そんな気がします。

 

それではみなさん、良いiPhoen LIFEを!(^_^)/

 

Source:  The Motley Fool

 

スポンサーリンク

 

© 2016 ringocat note.
プライバシーポリシー