RingoCat Note

RingoCatの備忘録的メモ的ノート

Anker、完全ワイヤレスイヤホン「Zolo Liberty」と「Zolo Liberty+」に、新色のホワイトが追加

スポンサーリンク

f:id:ringocat-note:20180204160549j:plain

Anker社は、自社のオーディオブランド「Zolo」から発売した完全ワイヤレスイヤホン「Zolo Liberty」と、「Zolo Liberty+」に、これまでのブラックモデルに加え、新色のホワイトモデルが追加されました。

 

完全ワイヤレスイヤホン「Zolo Liberty」&「Zolo Liberty+」

完全ワイヤレスイヤホンとは

折角「ワイヤレスイヤホン」と謳われていても、イヤホン同士を繋ぐコードが残っていては、完全なワイヤレスとは言えません。

完全ワイヤレスイヤホン」とは、左右のイヤホン同士を繋ぐコードもない、完全に独立したイヤホンのことを指します。

 

「Zolo Liberty」と「Zolo Liberty+」は、イヤホンコードがない、左右が完全に独立した、”Liberty”の名に相応しい完全ワイヤレスイヤホンです。

 

「Zolo Liberty」と「Zolo Liberty+」の特徴

基本スペック

「Zolo Liberty」と、「Zolo Liberty+」の両モデルとも、基本的なスペックは同じになります。

 

フィット感

GripFitテクノロジーによって開発されたイヤホンのフィット感には、かなりの定評があるよう。

 

取り出したら自動接続「PUSH AND GO」

「PUSH AND GO」という機能により、充電ケースから取り出したら自動的にデバイスと接続され、充電ケースへ戻すと自動的に接続が解除されるという機能が搭載されています。

 

接続の度にスイッチを長押しする必要がないのが、とても便利です。

 

「Zolo Liberty+」のみの機能

上位機種「Zolo Liberty+」の方にのみ、イヤホンを3秒間長押しすることで周囲の音を取り込む安全機能や、専用アプリをダウンロードし、イコライザを楽しむ機能がついています。

 

基本的にはエントリーモデルで十分?

個人的な感想としては、基本的なスペックが変わらないので、安いエントリーモデルで十分という気がします。

 

連続再生時間

ちなみに、どちらのモデルも連続再生時間は「3.5時間」とちょっと控えめ。

 

けれど、それほどハードな使い方をしない限りは、3.5時間でも事足りるのでしょうか。

 

また、仕事中など、使わない空き時間などは、充電ケースへ入れれておけば充電がされて、また3.5時間再生可能になるので、それで必要十分ということになるのかもしれません。

 

ちなみに、エントリーモデルの「Zolo Liberty」の充電ケースの最大充電量は24時間分、上位モデルの「Zolo Liberty+」の充電ケースの最大充電量は48時間分となっています。

 

まとめ

Anker社の完全ワイヤレスイヤホン、「Zolo Liberty」と「Zolo Liberty+」は、イヤホンコードのない真のワイヤレスイヤホンです。

 

デフォルトで白いイヤホンを使っているiPhoneユーザーには、新色のホワイトモデルは、嬉しい追加でもありますね!

 

「Zolo Liberty」と「Zolo Liberty+」の新色ホワイトモデルの購入は下記Amazonより行えます。

 

それではみなさん、良い音楽 LIFEを!

 

 

スポンサーリンク

 

© 2016 ringocat note.
プライバシーポリシー