ringocat note

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ringocat note

iPhone、Mac、雑記の記録。”ringocat”のメモ的備忘録的ノート。

iPhoneのメッセージの吹き出しの青と緑の違いとは?【SMS/MMS/iMessage】

iPhoneのメッセージアプリでやり取りをすると、吹き出しが青色の人と緑色の人がいることに気づきます。

また、同じ人にメッセージを送っても青になったり緑になったりする場合もあります。

 

この違いは何なのでしょうか?

 

今日はメッセージアプリの色の違いを紹介したいと思います。

 

 

緑のメッセージはSMSかMMS

緑のメッセージはSMS(ショートメッセージサービス)または、MMS(マルチメディアメッセージングサービス)でメッセージのやり取りがされています。

 

SMS

SMSは、携帯電話の電話番号でメッセージの送受信をします。

いわゆるショートメールのようなものです。

画像の添付などはできず、文字も全角で70文字程度までしか送信することができません。

携帯会社の電波を利用して送受信されます。

 

MMS

MMSは、「@docomo.ne.jp」や、「@ezweb.ne.jp」、「@softbank.ne.jp」といった携帯アドレスでメッセージを送受信します。

よって、格安携帯会社ではこのMMSを利用することはできません。

MMSではSMSのような文字数の制限がなく、画像も添付して送ることができます。

携帯会社の電波を利用して送受信されます。

auとSoftBankでは、iPhoneのメッセージアプリで送受信できるのですが、docomoの場合のみ、メッセージアプリではなく、メールアプリから送受信しなければいけません。

 

青のメッセージはiMessage

iMessageは、iPhoneやiPad、iPod touch、Macなど、アップル製品同士でリアルタイムにメッセージを送受信することができるチャット機能です。

LINEやSkypeのようなものと考えてもいいでしょう。

iMessageには文字数の制限はなく、画像や動画を送ることも可能です。

携帯会社の電波が届かない場所でも、Wi-Fiを使いメッセージを送受信することができます。

iPhoneとiPadのメッセージアプリでメッセージを送信した場合、相手がアップル製品でiMessageを使えるように設定してあれば、自動的にiMessageで送受信され、青い吹き出しになります。

 

どうして同じ人でも青と緑になるの?

同じ人にメッセージを送っても、青い吹き出しや緑の吹き出しになったりする場合があります。

これは、受信側の電波状況が不安定で、iMessageの認証がうまくされなかった場合に、携帯会社の電波とサーバーを利用して相手にメッセージを送ることがあるからです。

そのため、同じ人でもメッセージの吹き出しが青や緑になったりすることがあるのですね。

 

スポンサーリンク

 

Copyright © 2016 ringocat note. All rights reserved.
プライバシーポリシー