ringocat note

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ringocat note

iPhone、Mac、雑記の記録。”ringocat”のメモ的備忘録的ノート。

macOS Sierraがサポート対象外となったMacで「Night Shift」を有効にする方法

スポンサーリンク

最新のmacOS Sierra 10.12.4では、iOSではお馴染みの「Night Shift」が利用できるようになりました。

 

Night Shift機能を使うと、ディスプレイから発せられるブルーライトを軽減することができ、睡眠前の夜でも、目や脳に優しい環境でMacを使う事ができるようになります。

 

しかし、macOS Sierraがサポート対象外となってしまったMacに、パッチツールを使ってSierraをインストールしても(サポート対象外のMacにmacOS Sierraをインストールした【iMac Early 2008 】 - ringocat note)、デフォルトではNight Shift機能を使うことができません。

 

今回は、そんなサポート対象外となってしまったMacに、macOS Sierraをインストールした後に、Night Shiftを有効にする方法を紹介したいと思います。

 

macOS Sierraのインストールとアップデート

macOS Sierraがサポート対象外となってしまったMacで、Night Shiftを有効にするには、パッチツールを使って、macOS Sierra 10.12.4以上がインストールしてある必要があります。

macOS Sierraをインストールする方法は、「サポート対象外のMacにmacOS Sierraをインストールした【iMac Early 2008 】 - ringocat note」を参考にしてみてください。

また、macOS Sierra 10.12.4にアップデートしてある必要があるので、Sierraをアップデートするには、「サポート対象外のMacの【macOS Sierra】をアップデートする方法 - ringocat note」を参考にしてみてください。

 

NightEnabler

macOS Sierra 10.12.4以上をインストール後、サポート対象外となってしまったMacでNight Shiftを有効にするには、「NightEnabler」というアプリを使います。

 

NightEnablerのダウンロード

「NightEnabler」のダウンロードは「macOS 10.12 Sierra Unsupported Macs Thread | Page 181 | MacRumors Forums」から行うことができます。

f:id:ringocat-note:20170506090452p:plain

 

NightEnablerの起動

ダウンロードしたzipファイルをダブルクリックで解凍して、「NightEnabler.app」を起動します。※NightEnabler.appが左ダブルクリックで開けない場合は、「右クリックの開く」から開いて下さい。

 

Patchを当てる

NightEnabulerを起動すると、下記の画面が表示されますので、「Patch System」をクリックします。

f:id:ringocat-note:20170506090918p:plain

 

Macの再起動

Rebootをクリックして、Macを再起動します。

f:id:ringocat-note:20170506091034p:plain

 

Night Shiftの設定

Macが再起動されたら、Macの「環境設定」の「ディスプレイ」を開きます。

f:id:ringocat-note:20170506091106p:plain

 

ディスプレイの設定項目に「Night Shift」が追加されているので、下記でNight Shiftの設定を行いましょう。

f:id:ringocat-note:20170506091157p:plain

 

ちなみに、スケジュールを「カスタム」に設定し、開始時間を「2:00」、終了時間を「1:59」に設定すると、ほぼ一日中Night Shiftが有効とすることもできますよ。

色温度は好みの明るさに設定すれば良いでしょう。

ちなみにワタシはこの設定でMacもiPhoneも使っています。

f:id:ringocat-note:20170506091335p:plain

 

NightEnablerのアンインストール

NightEnablerをアンインストールするには、MacにNightEnablerのパッチが適用されている状態で、NightEnablerを起動します。

 

下記のウインドウが表示されますので、「Remove Patch」をクリックするだけでOKです。

f:id:ringocat-note:20170506091812p:plain

 

まとめ

macOS Sierraがサポート対象外となってしまったMacでも、上記の方法でmacOSの最新の機能である「Night Shift」機能を利用することができるようになります。

 

自分なりの設定で、睡眠前の夜でも目や脳に優しい上手なMacの使い方をしてみてくださいね!

 

それではみなさん、良いMacLIFEを!(^_^)/

 

スポンサーリンク

 

Copyright © 2016 ringocat note. All rights reserved.
プライバシーポリシー