ringocat note

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ringocat note

iPhone、Mac、雑記の記録。”ringocat”のメモ的備忘録的ノート。

Apple IDを作ろう

f:id:ringocat-note:20161023083724j:plain

携帯電話の基本と言えば、電話が出来ることと、今で言えばメールも出来ることでしょうか。

 

しかし、iPhoneのようなスマートフォンでは、電話とメールだけではなく、ネットを閲覧することや、音楽をダウンロードして聴いたり、便利なアプリを使ったりするのが醍醐味といえます。

 

Apple IDでできること

iPhoneでは、「Apple ID」を作ることで、様々な音楽や映画、アプリなどを購入し、ダウンロードして使うことができるようになります。中には無料のものもあります。

また、iCloud(アイクラウド)というサービスを利用できるようになります。

iCloudでは、iPhoneのデータのバックアップや、写真を保存しておくこともできます。

新たに「ユーザ名@icloud.com」というメールアドレスを取得することもできます。

 

iPhoneでApple IDを作ろう

Apple IDは、携帯ショップでiPhoneを契約した時に、大半の人が作っていると思うのですが、ここでは何らかの理由や、ネットでiPhoneを購入したりして、まだApple IDを作っていない人のために、Apple IDの作り方を画像を使いながら紹介したいと思います。

 Apple IDはパソコンから作ることもできるのですが、ここではiPhoneからのApple IDの作り方を紹介します。

 

 まずは、ホーム画面の「設定」をタップして開きます。

f:id:ringocat-note:20161023074408p:plain

 

「iCloud」をタップ。

f:id:ringocat-note:20161023074440p:plain

 

今回は新しくApple IDを作りますので「Apple IDを新規作成」をタップ。

f:id:ringocat-note:20161023074508p:plain

 

生年月日入力画面になりますので、「生年月日を入力」して「次へ」をタップ。

f:id:ringocat-note:20161023074544p:plain

 

現在持っているメールアドレスをApple IDとして利用することもできるのですが、せっかくですのでここでは無料で「ユーザ名@icloud.com」というメールアドレスを取得してApple IDを作ってみます。

「無料の iCloud メールアドレスを入手」をタップ。

f:id:ringocat-note:20161023074634p:plain

 

新しく取得する任意の「メールアカウントを入力」し、「次へ」をタップ。

もしもAppleから送られてくるメールが必要なければ、ここで「Appleからのニュースとお知らせ」のスイッチを”オフ”にしておきます。

f:id:ringocat-note:20161023074906p:plain

 

今一度メールアカウントを確認し、これでよければ「続ける」をタップ。

f:id:ringocat-note:20161023075231p:plain

 

Apple IDとiCloudのメールで使用する任意のパスワードを入力します。

ここで注意したいところは、パスワードは8文字以上で、数字と英文字の組み合わせが必要で、英文字には大文字と小文字が含まれている必要があります。

例えば「0123Abcd」や「012345Ab」など。

f:id:ringocat-note:20161023075339p:plain

 

パスワードを忘れてしまった時に確認が出来るよう、自分にしか答えが分からない「セキュリティ質問」を3問設定します。

万が一このセキュリティ質問の答えも忘れてしまった場合は、パスワードの照会が困難になりますので、ノートなどに答えを書き留めておくことをおすすめします。

f:id:ringocat-note:20161023075702p:plain

 

利用規約を読んでから「同意する」をタップします。

f:id:ringocat-note:20161023080224p:plain

 

もう一度確認してきますので、よければ「同意する」をタップ。

f:id:ringocat-note:20161023080309p:plain

 

Apple IDやicloudメールで使う名前を入力します。

f:id:ringocat-note:20161023080342p:plain

 

iPhoneのSafariのブックマークやパスワードなどをiCloudの情報と結びつける場合は「結合」をタップ。

iCloudに情報を預けたくない場合は「結合しない」をタップでも構いません。

f:id:ringocat-note:20161023080419p:plain

 

最後に、「iPhoneを探す」という機能を有効にしますという確認メッセージがでてきますので「OK」をタップ(設定は後から変更もできます)。

f:id:ringocat-note:20161023080601p:plain

 

以上で、Apple IDの作成が完了しました。

自分の作ったApple IDがiPhoneに表示されています。

なんだかちょっぴり誇らしげですね。

f:id:ringocat-note:20161023082642p:plain

 

これで音楽や映画、アプリケーションの購入やダウンロードも行える準備が整いました。

 

 iPhoneを自在に飛び回りましょう!

スポンサーリンク

 

Copyright © 2016 ringocat note. All rights reserved.
プライバシーポリシー