Apple「macOS High Sierra 10.13.3追加アップデート」をリリース – 文字バグの修正

f:id:ringocat-note:20180220101128p:plain

Appleは日本時間の2月20日、「macOS High Sierra 10.13.3追加アップデート」をリリースしました。

 

文字バグの修正

iOS 11.2.6」と同様、特定の文字列を使用すると、アプリケーションがクラッシュしてしまうバグの修正が行われています。

 

問題となるバグは、インドで使われるテルグ語の文字の1つをメッセージアプリで受信すると、アプリがクラッシュし開けなるというもの。

 

日本では馴染みのないテルグ語ですが、特定の1文字を受信しただけでクラッシュしてしまいますので、全てのユーザーがアップデートすることをお勧めします。

 

アップデート方法

アップデートは、「Mac App Store」の「アップデート」から行うことができますよ!

 

アップデートには多少の時間を要するので、時間のある時にアップデートしておきましょう。

 

それではみなさん、良いMac LIFEを!

 

 

コメントを残す