ringocat note

ringocat note

iPhone、Mac、雑記の記録。”ringocat”のメモ的備忘録的ノート。

「ジューンブライド」の意味と由来とは?

スポンサーリンク

f:id:ringocat-note:20170604092306j:plain

6月の花嫁、または6月に結婚することを「ジューンブライド」と言いますが、6月に結婚すると「一生幸せな結婚生活をおくれる」と言われます。

 

しかし、6月といえば日本では梅雨の時期真っ只中で、なぜこの時期に結婚をすると幸せになれるのでしょうか。そう疑問に思われた方も多いはずです。

 

ジューンブライドという言葉を知っていても、意外とその意味や由来を知らない方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、そんなジューンブライドの意味と由来を解説したいと思います。

 

実はジューンブライドの由来にはいくつかの説があります。

 

その一つ一つを見ていきましょう。

 

女神ユーノー説

ギリシャ神話で「全知全能の神」として知られる「ゼウス」ですが、そのゼウスの正妻を「ヘーラー」といいます。

ヘーラーは「最高位の女神」として知られています。

 

実はヘーラーは略奪愛で正妻となり、ゼウスには別に妻がいました。

 略奪愛で勝ち取った正妻の座ですが、その代償も大きく、ゼウスはとても浮気性でした(実はギリシャ神話の男の神は皆結構浮気性だったりするのです(^_^;))。

 

ヘーラーはゼウスに浮気されないよう、監視の目を光らせ、家庭をより良いものにするために必死でした。

 

その姿からヘーラーは「結婚生活を守護する女神」といわれています。

 

また、ヘーラーの母乳を飲んだ者は肉体が強くなるともいわれ、ヘーラクレースもこれを飲み、乳幼児時代から驚異的な怪力を発揮したといわれます。

 

女性であり、母であるヘーラーは、家庭を守り、子どもを守る「結婚生活を守護する女神」なのですね。

 

ヘーラーはとても美しく、その美しさは他の女神が血の気を失うほどで、あのアフロディーテ(ヴィーナス)に勝るとも劣らない美しさだったそうです。

 

ギリシャからローマにこの話しが持ち込まれると、ゼウスは「ユーピテル」、ヘーラーは「ユーノー」と呼ばれるようになります。

いわゆる「ローマ神話」です。

 

そしてこのユーノーが6月1日にお祭りされるようになりました。

 

結婚生活を守護する女神ユーノーが祭られた6月に結婚をすると、その加護を受けられ、一生幸せな結婚生活を送ることができるといわれる所以です。

 

英語で6月の事をジューン(June)と言いますが、それは女神ユーノー(Juno)からきている言葉なのです。

 

結婚解禁の月説

その昔、ヨーロッパでは3月〜5月の結婚を禁じていました。

 

その理由は、一年のうち一番農作業で忙しい時期だからです。

そんな時期に結婚式を挙げると、農作業の妨げとなってしまうため、3〜5月の結婚は禁止されていたのです。

 

その期間に結婚をお預けしていたカップルは、6月になると皆一斉に結婚をします。

 

6月、街は一気に祝福ムードで高まり、6月に結婚をすると幸せになれるという説です。

 

一番気候が良いから説

実はヨーロッパでは6月が一番気候が良い月なのです。

 

雨も少なく気候も安定しています。

 

長い冬が明けて、花が咲き始める頃で、一般的に開放的で明るいムードが漂う季節でもあります。

 

各地では復活祭などのお祭りも行われ、相乗効果で祝福ムードで盛り上がる月でもあるんですね。

 

こんな祝福ムードの中で、6月に結婚した花嫁は幸せになれるという説です。

 

日本では

では、梅雨の時期の日本では、なぜジューンブライドが幸せになれるのでしょうか?

 

実は日本では、1967年〜68年に、ホテル業界やブライダル業界が売り上げ向上を狙って「ジューンブライド戦略」を打ち出したのがきっかけと言われています。

 

日本では6月は梅雨の時期で、雨が多いこの時期に挙式をする人はあまりいませんでした。

 

そこで、ブライダル業界がヨーロッパのジューンブライドの言い伝えを広め、6月に挙式するカップルを増やしたと言われています。

 

日本でのジューンブライド戦略にはちょっぴりガッカリしてしまいそうですが、それでもヨーロッパのジューンブライドの言い伝えがあることには変わりはありません。

 

この時期にご結婚される方にもぜひ6月の花嫁「ジューンブライド」の意味を知っていただき、生涯幸せな結婚生活を送ってほしいものです。

 

まとめ

日本では梅雨の時期なのに、なぜ「ジューンブライド」が幸せになれるのか、その意味と由来はヨーロッパの言い伝えにありました。

  1. 6月の結婚生活の女神ユーノーの加護を受けられるから。
  2. 昔のヨーロッパでは、3〜5月の結婚は禁止されていて、6月に結婚が集中し、祝福ムードが高まるから。
  3. ヨーロッパでは一番気候が良く、開放的ムードが漂うから。

日本ではホテル業界やブライダル業界の戦略でもありましたが、ジューンブライドが幸せになれるというヨーロッパの言い伝えがあることに変わりはありません。

 

どうぞ、6月にご結婚される方は、末永く一生幸せな結婚生活を送れることを祈り申し上げます。

 

スポンサーリンク

 

Copyright © 2016 ringocat note. All rights reserved.
プライバシーポリシー