ringocat note

ringocat note

iPhone、Mac、雑記の記録。”ringocat”のメモ的備忘録的ノート。

iTunesに入っている曲を、iPhoneに入れる方法【同期】

iPhone 8/8 Plus発売!

パソコンのiTunesに保存してある曲を、iPhoneに入れるには、「同期」という方法を使います。

 

同期とは

同期」とは、2つ以上の端末で、指定したフォルダやファイルを同じ状態に保つことをいいます。

iTunesからiPhoneに曲を転送するには、iTunesとiPhoneの音楽データを同期します。

 

iTunesとiPhoneの曲のデータを同期する方法

iTunesでは音楽の他に、アプリや動画、写真などを同期する事もできますが、今回は、音楽データの同期方法を紹介したいと思います。

 

iTunesとiPhoneの曲のデータを同期するには、まずiPhoneをUSBケーブルでパソコンに繋げます。

 

次にiTunesを立ち上げ、iPhoneのアイコンをクリックします。

f:id:ringocat-note:20170425193603p:plain

 

次に、画面左側のメニューから①「ミュージック」を選択し、画面右側のメニューから②「ミュージックを同期」にチェックを入れ、③「ミュージックライブラリ全体」を同期するか、「選択した項目のみ」を同期するかのどちらかを選択します。

「選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル」を選択した場合は、更に下のメニューの④「プレイリスト」「アーティスト」「ジャンル」「アルバム」から、同期したい項目にチェックを入れます。

⑤最後に「適用」をクリックすると、iTunesとiPhoneの曲の同期がはじまります。

⑥では、iPhoneに使われているデータの割合や、空き領域を知ることができます。

f:id:ringocat-note:20170425193616p:plain

 

同期中は画面上部に「同期中」の項目が表示されます。

f:id:ringocat-note:20170425194333p:plain

 

同期が完了したら、iPhoneの取り外しアイコン「f:id:ringocat-note:20170425194447p:plain」をクリックして、iPhoneをケーブルから取り外します。

f:id:ringocat-note:20170425194436p:plain

 

iPhoneの「ミュージック」に同期した曲が入っているか確認してみましょう。

f:id:ringocat-note:20170425194900p:plain

 

以上が「iTunesに入っている曲をiPhoneに入れる方法」となります。

 

それではみなさん、良いiPhoneLIFEを!(^o^)丿

 

スポンサーリンク

 

Copyright © 2016 ringocat note. All rights reserved.
プライバシーポリシー