ringocat note

ringocat note

iPhone、Mac、雑記の記録。”ringocat”のメモ的備忘録的ノート。

覚えておきたい9つのiPhone用語(操作編)

スポンサーリンク

はじめに

iPhoneを操作するにあたって「タップ」や「フリック」などの言葉を聞いた事があると思います。

しかし、それはどんな操作を表し、他にどんな用語があるのでしょうか。

ここでは、iPhoneを操作する上で覚えておきたい9つの用語を解説していきたいと思います。

 

操作用語

【タップ】

画面を軽く”ポン”と叩く動作。

アプリを開いたり、文字や数字を打ったりする時などに使う動作で、iPhoneを使用する上で一番使う動作です。

 

【ダブルタップ】

画面を軽く”ポンポン”と2回叩く動作。

写真を一気に拡大したりする時に使う動作です。

 

【フリック】

画面を”さっ”と払うように指を動かす動作。

日本語かなキーボードで、かなを入力する時などに使う動作です。

スワイプと同じ意味で使うこともあります。

 

【スワイプ】

画面を擦らすように指を動かす動作。

ホーム画面の左右を切り替えたり、ページをめくったりする時などに使う動作です。

iOS9までは、ロック画面を解除する為にも使います。

フリックと同じ意味で使うこともあります。

 

【ピンチイン】

画面の上で2本の指を閉じるように動かす動作。

写真などを縮小したりする時に使う動作です。

 

【ピンチアウト】

画面の上で2本の指を開くように動かす動作。

写真などを拡大したりする時に使う動作です。

 

【長押し】

画面の上を指で長く押している動作です。

ホーム画面のアイコンを動かせる状態にする時に使う動作です。

 

【ドラッグ】

アイコンやリストをつまんで動かす動作。

アイコンやリストを移動する時に使う動作です。

パソコンで言うところのドラッグと同じですね。

 

【シェイク】

iPhoneを振ることを「シェイク」と言います。

メールやメッセージなどで入力した文字を取り消したい場合にシェイクすると、入力を取り消したりする事ができます。

かつてのiOSでは、シェイクすることでミュージックをシャッフルすることも出来たのですが、iOS8.4からその機能は無くなりました。

 

最後に

以上がiPhoneを操作する上で覚えておきたい9つの用語でした。

これだけ覚えておけば、iPhoneを操作する上での?や戸惑いもなくなるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

Copyright © 2016 ringocat note. All rights reserved.
プライバシーポリシー