ringocat note

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ringocat note

iPhoneとMacなどに関する情報を記録していくringocatの備忘録的ノート。

【iPhone7、7 Plus】下部の穴はステレオスピーカーじゃなかったという衝撃!!?

左側の穴から音は出ていなかった

ワタシはずっと勘違いしていました。

iPhone 7 Plusからはヘッドフォンジャックがなくなり、その部分には右側のスピーカーと同様に穴が空いているので、てっきり左側の穴もスピーカーになったのだと思っていました。

その左右穴をもってして、ステレオスピーカーになっていると思っていたのです。

しかし、よく音を聞いたら左の穴からは音は出ていないのです。

f:id:ringocat-note:20161010060808j:plain

右側の穴からは音は出ているので確かにスピーカーなのですが、では「スレテオスピーカー」を謳うiPhone 7のもう一つのスピーカーはどこなのでしょうか?

まさか、右側のたくさん穴が空いている右側半分と左側半分の左右でステレオスピーカー・・・というわけではありません(^_^;)

 

ではどこにもう一つのスピーカーが? 

 

もう一つのスピーカー

答えはここにありました。

f:id:ringocat-note:20161010061247p:plain

とても意外でした。

電話で話をする時に音が聞こえていた「レシーバー」部分がもう一つのスピーカーだったのです。

そういえば、スクリーンショットを撮った時に、iPhoneの前面の方から「カシャッ♪」と、やけに大きな音が鳴るななぁと思っていたのです。

このスピーカーが原因だったのですね。

 

ステレオスピーカーって音が上と下から?

と、ここで気になる点が一つ。

iPhone 7のステレオスピーカーって、上と下から音が出るステレオスピーカーなの?(^_^;)

ステレオスピーカーといえば通常は、左右から音が出るものなのではないのでしょうか?

いえ、それには解決方法がありました。

 

じゃ〜ん。

f:id:ringocat-note:20161010062912p:plain

iPhoneを横向きに置けばいいのです(^_^;)

 

けれどこれでは、左側のスピーカーからは前面に音が出てくるのですが、右側のスピーカーは横に音が抜けてしまうような気がします・・・。

f:id:ringocat-note:20161010063059p:plain

 

音の向きを解決するiPhoneケース

そこでここにきて、ワタシが購入していたiPhoneカバーが役になってるのかなぁ?などと今更ながら感じました。

 

そのiPhoneケースはSpigen社の「スリム・アーマー」というケースです。

下部スピーカーを覆う部分のケースの穴が前面に付いているので、聞こえる音もiPhoneの前面から出て来るように工夫して設計されているのです。

f:id:ringocat-note:20161010064657p:plain

 

このケースについては過去にも記事を書いているので、よかったらご覧ください。

www.ringocatnote.com

 

左側の穴の正体

では、左側の穴は一体なんだったのか?

調べてみると左右対称にデザインを合わせておいた方がいいんじゃないかという見解も見受けられたのですが、それはどうやら違うようでした。

答えはiFixitというサイトが、iPhone 7を分解した時の記事(^_^;)に書かれてありました。

iPhone 7 Plusの分解 - iFixit

 

左側のスピーカーだと思われていた部分の分解がここになります。

f:id:ringocat-note:20161010065949p:plain

出典:jp.ifixit.com

 

この部分には、黒いプラスチックが配置されていたそうです。

Appleの見解によれば、このプラスチックは「気圧ベント」とのこと。

iPhone 7からiPhoneは耐水防塵仕様になっていて気密性が高いので、その内部と外気の気圧を調整する役割をしているようです。

 

公式を確認

 Apple公式のiPhone 7とiPhone 7 Plusの仕様のページにもしっかりとこう載っていました。

f:id:ringocat-note:20161010073948p:plain

出典: iPhone 7 - 仕様 - Apple(日本)

f:id:ringocat-note:20161010073742p:plain

出典: iPhone 7 - 仕様 - Apple(日本)

 

 まとめ

きっと多くの人がiPhone下部の左右の穴が、ステレオスピーカーだと思っていたのではないでしょうか。

しかし確かに、気密性の高いiPhone 7とiPhone 7 Plusでは気圧ベントが必要だったのかもしれません。

また、左の穴のヘッドフォンジャックだった場所には、気圧ベントの他に、マイクと、ホームボタンの触覚を刺激する装置「タプティックエンジン」が埋め込まれているそうです。

左側をスピーカーにできない理由であったのかもしれません。

 

にしても、上下にステレオ、横に倒して左右でステレオスピーカーとは・・・全く意外でした!

 

Copyright © 2016 ringocat note. All rights reserved.
プライバシーポリシー