ringocat note

ringocat note

iPhone、Mac、雑記の記録。”ringocat”のメモ的備忘録的ノート。

【Spigen】ウルトラ・ハイブリッド S レビュー。iPhone Xのケースを買ってみたこ!

スポンサーリンク

11月3日に全面ディスプレイを搭載し、遂に発売となったiPhone Xですが、このiPhone X、万が一AppleCareに加入していなかった場合、画面割れの修理だけでも31,800円という高額な修理費がかかってしまいます。

その他の修理の場合、その修理費は最大で60,800円となります。

他のiPhoneと比べても、桁違いの修理費がかかってしまうiPhone Xですので、是非、AppleCareへの加入、または携帯キャリアの保証サービスの加入はお勧めしておきたいです。

 

そんな修理費のかかってしまうiPhone Xですので、いくら全面を強化されたガラスで覆われているとは言え、ケースの着用をお勧めしたいものです。

万が一iPhone Xを落とした時に、ガラスが割れてしまったとなってしまっては、最早泣き寝入りするしかありません。

 

ワタシもiPhone Xの購入と同時に、ケースの購入もしたので、今回はワタシが購入して使っているiPhone X用のケースを紹介したいと思います。

 

是非、みなさんのiPhone Xケース購入の参考にしてみて下さいね。

 Spigen社の「ウルトラ・ハイブリッド S」

ワタシが購入したiPhone X用ケースは、Spigen社の「ウルトラ・ハイブリッド S」というケースになります。

ウルトラ・ハイブリッド S」は、米軍MIL規格を取得してあり、耐衝撃には定評のあるSpigen(シュピゲン)社のiPhone X用ケースです。

ケースを付けたままでのワイヤレス充電「Qi充電」にも対応しています。

 

iPhone Xは全面が美しく磨き上げられたガラスで覆われているとあって、その美しい媒体を隠したくないなぁと思い、今回はクリアケースを購入してみました。

結果、ケースを付けてもiPhone Xのその美しさを損なわず、グリップもしっかりしていることからとても気に入っています。

背面には、キックスタンドも付いていて、動画鑑賞にも便利です。

 

それでは、Spigen社のiPhone Xケース、ウルトラ・ハイブリッド Sを紹介していきますね!

 

まずは、パッケージから

パッケージデザインは、シンプルにこんな感じです。

f:id:ringocat-note:20171105105625p:plain

Spigenカラーで、Spigenらしいデザインですね。

 

パッケージの背面。

f:id:ringocat-note:20171105105707p:plain

エコな商品であることをアピールしています。

 

内容物

パッケージの内容も至ってシンプル。

f:id:ringocat-note:20171105110108p:plain

iPhone X用ケース「ウルトラ・ハイブリッド S」と、キックスタンドが外れてしまった時の「説明書」が一枚のみとなっています。

ケースの装着方法の説明などはありません。まぁ、あったところで、iPhone Xにケースを被せるだけですからね。。。

正直、キックスタンドの説明書もいらないくらいでしたが、まぁ、そこはよしとしてw

 

ウルトラ・ハイブリッド S

ウルトラ・ハイブリッド Sの外面はこんな感じです。

f:id:ringocat-note:20171105111320p:plain

クリア度が高く、iPhone Xの本体も良く透けて見えそうです。

 

ちなみに、キックスタンドが不要な方は、キックスタンドが付いていない下記の「ウルトラ・ハイブリッド」というケースもあります。

ウルトラ・ハイブリッド Sにキックスタンドが付いていないものとなります。

こちらは、Amazonベストセラー1位に選ばれている商品でもあります。

デザイン的に「キックスタンドはちょっとね!」と言う方にお勧めです。

 

ワタシは、動画鑑賞にキックスタンドが付いている方がいいなと思ったので、キックスタンド付きのウルトラ・ハイブリッド Sにしてみました。その機能には満足しています(^_^)

  

そして、ケースの内側はこんな感じになります。

f:id:ringocat-note:20171105111909p:plain

 

ウルトラ・ハイブリッド Sの装着

ウルトラ・ハイブリッド SをiPhone Xに装着する前はこんな感じですが、

f:id:ringocat-note:20171105113127p:plain

 

装着した後はこんな感じになります。

f:id:ringocat-note:20171105113151p:plain

 

そして、背面のケース装着前、

f:id:ringocat-note:20171105113215p:plain

 

と、ケース装着後となります。

f:id:ringocat-note:20171105113809p:plain

ケースは透明度の高いクリアタイプとなっているので、iPhone Xの美しい外観を損なうこともありません。

持った感じもグリップがしっかりしていて、手から滑り落ちることもなさそうです。

 

iPhone Xの下部はこんな感じで守られています。

f:id:ringocat-note:20171105153446p:plain

スピーカーとマイク、ライトニングコネクタ部分に切り欠きが設けられていて、音を遮ることもありませんし、ケースを装着したままでもライトニングケーブルによる充電ができる構造となっています。

 

サイドボタン側の側面。

f:id:ringocat-note:20171105153625p:plain

丸みを帯びたケースの側面には、iPhone Xとケースの間に僅かな空間があり、万が一落とした時の衝撃からもしっかりとiPhone Xを守ってくれそうです。

ケースのせいで、サイドボタンが押しにくいということもなく、とても押しやすいです。

 

iPhone Xの上部側。

f:id:ringocat-note:20171105154015p:plain

 

音量ボタン側の側面。

f:id:ringocat-note:20171105154040p:plain

こちらもボタンが押しにくいということはなく、押しやすいです。

マナーボタンも切り替えにくいことはありません。

「spigen」のロゴも入っていますね。

 

ウルトラ・ハイブリッド S装着のコツ

とても透明度の高いクリアケースとなっているので、ケースとiPhone Xの間に指紋や埃などがあると、それらを挟んでしまう形となりますので、ケースの装着前は、iPhone Xを綺麗に拭き上げてから指紋が付かないように装着するのが、このケースを綺麗に見せるコツです。

 

また、このケースを購入した時には、ケースの内側と外側に保護シールが貼られてあるので、iPhone Xを綺麗に拭き上げて、ケースの内側の保護シールを剥がしたら直ぐにiPhone Xに装着することで、綺麗に装着することが出来ます。

 

ケース装着の時、ケースの四隅は少し硬いので、装着しにくく感じる事があるかもしれませんが、そこは少し思い切って「えいやっ!」と付けると装着できます。

 

同じように、ケースを外す時も少し思い切りが必要かもしれません。

 

耐衝撃構造

ケースが手帳型じゃないと、ディスプレイ側からiPhoneを落とした時に、画面が割れてしまうのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、このウルトラ・ハイブリッド Sは、ケースのベゼル部分がiPhoneのディスプレイよりも僅かに盛り上がっている構造となっているため、万が一ディスプレイ側から落としたとしても、ディスプレイには衝撃が伝わらない構造となっています。

f:id:ringocat-note:20171105152000p:plain

また、ディスプレイ側を下にして机の上に置いたとしても、ディスプレイが机に直接触れることもないので、ディスプレイに傷が付くこともありません。

 

iPhone Xの出っ張ったカメラ周りも、ケースの方が少し高く作られていますので、カメラ側を下にして机に置いても、カメラを傷つける心配もありません。

f:id:ringocat-note:20171105153025p:plain

 

ケースの四隅には、「エアクッション」が設けられていて、よくある角からiPhoneを落とした時でも、このエアクッションが衝撃を吸収してくれ、iPhone Xを優しく守ってくれます。

f:id:ringocat-note:20171105153136p:plain

 

この機能が欲しかった、キックスタンド

ウルトラ・ハイブリッド Sの背面には、iPhoneを立てて置けるキックスタンドが付いています。

ケース背面に取り付けられたキックスタンドを広げるとこんな感じになります。

f:id:ringocat-note:20171105154229p:plain

キックスタンドはプラスチックではなく金属で出来ており、安っぽさはありません。

折りたたみはバネと磁石で折りたためるようになっています。

 

キックスタンドを立ててiPhone Xのディスプレイ側から見たらこんな感じ。

f:id:ringocat-note:20171105161711p:plain

机の上に置いて動画を観るのに丁度いい角度です。

 

まとめ

iPhone X用の「ウルトラ・ハイブリッド S」は、iPhone Xの美しい見た目を損なわないだけではなく、傷や落下という衝撃からiPhoneを安全に守るという観点からも、よく考えられた安心のケースだなと思いました。

さすがは「米軍MIL規格」を取得しているだけのケースでもあります。

 

そして、ワタシはどうしても欲しかった「キックスタンド」もとても便利な機能です。

 

ところで、このケースを装着したままでワイヤレス充電(Qi充電)もちゃんと出来ましたよ!

その様子はまたいつかの機会にでも。

 

見た目的にも、機能的にも、大満足のiPhone X用ケース「ウルトラ・ハイブリッド S」です。

 

今回紹介したiPhone X用のケース、Spigen社の「ウルトラ・ハイブリッド S」の購入は下記Amazonからがお得です。

 

キックスタンドが付いておらず、Amazonベストセラー1位にも選ばれている「ウルトラ・ハイブリッド」の購入は下記からどうぞ。 

 

iPhone Xケースを買ったら、ガラスフィルムも必要でしょう!

ということで、こんな記事も書いていますので、良かったら参考にしてみて下さい!

www.ringocatnote.com

 

それではみなさん、良いiPhone X LIFEを!(^_^)/

 

スポンサーリンク

 

Copyright © 2016 ringocat note. All rights reserved.
プライバシーポリシー