ringocat note

iPhone、Macのハウツーや最新情報などをお届け!ringocatの備忘録的メモ的note.

2017年第4四半期、iPhoneの売上がスマホ業界全体の51%を占める

スポンサーリンク

f:id:ringocat-note:20180216122329p:plain

調査会社Strategy Analyticsの調査によると、2017年の第4四半期(Appleの2018年第1四半期)のiPhoneの売上は、全世界のスマートフォンの売上のうち、51%をも占めていることが分かりました。

 

Strategy Analyticsの推測によれば、iPhoneの売上は、売上2位のサムスンの3倍強、売上3位のHuaweiの7倍強だったとしています。

f:id:ringocat-note:20180216115532p:plain

Appleは、その他全てのライバル会社の売上の合計よりも多くの売上を上げたこととなるので驚きです。 

 

同四半期のiPhoneの平均販売価格は、796ドル(約8.5万円)だったそうですが、これはスマホ業界全体の平均販売価格の約3倍になると言われています。

iPhoneはやはり高価なのですね(^_^;)

 

Appleは同四半期に、7,730万台のiPhoneを販売し、その売上は615億7,600万ドルであったと発表していますが、その中でiPhone Xの販売台数と売上は明らかにしていません。

しかし、高価格帯のiPhone Xの売れ行きの好調が、売上に大きく貢献したことは間違いないでしょう。

AppleのCEOティム・クック氏は、昨年の11月以降最も売れているiPhoneは、iPhoen Xであることを明言しています。

 

また、Appleは今年の同四半期にも、次世代iPhoneを3モデル発表するのではないかと噂されており、更なる売上の好調が期待されます。

 

Source: Mac RumorsStrategy Analytics

 

 

スポンサーリンク

 

© 2016 ringocat note.
プライバシーポリシー