ringocat note

iPhone、Macのハウツーや最新情報などをお届け!ringocatの備忘録的メモ的note.

iPhone 7の「圏外」問題に対する無償修理プログラムを開始

スポンサーリンク

f:id:ringocat-note:20180204132122p:plain

ごく一部のiPhone 7において、iPhoneのステータスバーの電波表示アイコンが、圏内であるのにもかかわらず、「圏外」と表示されてしまう不具合が見つかったようです。

 

アップルもこの事実を認め、「「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム」と題し、対象となるiPhone 7に対し無償修理するプログラムを開始しました。

 

「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム

対象となるiPhone

無償修理の対象となるiPhoneは、2016年9月から2018年2月までの間に、中国、香港、日本、マカオ、米国で販売されたiPhone 7が対象とのこと。

 

注意すべき点は、問題が起きている端末はiPhone 7のみで、iPhone 7 Plusは対象外となっていますので注意しましょう。

 

モデル番号「A1779」が対象

また、無償修理の対象となるモデル番号は、下記のようにiPhone 7の裏面を確認し、日本では「A1779」と書かれてあるモデルが対象となっています。

f:id:ringocat-note:20180204132929p:plain

 

無償で修理が受けられる

対象の機種で、「圏外」問題の症状が現れる場合は、無償で修理が可能です。

ただし、修理開始前に、アップルにても実機検査を行い、iPhoneが本プログラムの適用対象かどうかの検証があるとのこと。

 

まぁ、症状が現れるiPhoneであれば間違いなく無償で修理が受けられるでしょう。

 

以前に有償で修理を受けている人には返金も

この「圏外」問題に対し、これまでに既に有償にて修理を済ませた人には、アップルからメールで連絡が届き、返金手続きが行われます。

有償修理を行ったのに、3月末までアップルからメールが届かない場合は、面倒ですが、アップルへ直接問い合わせる必要があるようです。

 

有償で修理した方も、ひとまずは安心ですね!

 

アップルのこういった真摯な対応が、顧客との信頼をより強固なものとし、売上にも反映されているのでしょうか。

関連記事

www.ringocatnote.com

 

圏外問題の原因

また、圏外問題の原因は、「メインロジックボードのコンポーネントの故障」によるものとされ、それにより、ステータスバーにはサービス圏内であっても、「圏外」と表示される場合があるとのこと。

 

まとめ

iPhone 7をお持ちの方で、なぜか「圏外」表示されて困っていた方は、ぜひ無償修理を受けましょう。

修理の受付は、「Apple 正規サービスプロバイダ」または、「Apple Store 直営店」または、「Apple テクニカルサポート」にて受け付けています。

 

各受付についての詳しくは、アップルの公式ページをご覧ください。

「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム - Apple サポート

 

それではみなさん、良いiPhone LIFEを!

 

 

スポンサーリンク

 

© 2016 ringocat note.
プライバシーポリシー