ringocat note

iPhone、Macのハウツーや最新情報などをお届け!ringocatの備忘録的メモ的note.

【悲報】iPhoneのカメラとスクリーンショットの音を消す裏技が使えなくなる

スポンサーリンク

以前のブログでiPhoneのカメラとスクリーンショットの音を消す裏技を紹介したことがありました。

http://www.ringocatnote.com/entry/ios10_muonwww.ringocatnote.com

 

その最後に、

ただ、この裏ワザはバグの可能性もあるので、次期iOSのバージョンアップと共に出来なくなる可能性も十分に考えられるでしょう。

と書いていたのですが、どうやらその予感が的中しそうです。

次期バージョンアップ候補版となる「iOS 10.1 β版」では、早速その裏技が使えなくなっていました。

iOS 10.0.2では、iPhoneの「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「AssistiveTouch」の設定でiPhoneの全ての音を消音にすることができていたのですが、iOS 10.1 β版では「消音」ではなく、iPhoneをマナーモードにした時と同じ「着信/通知音量」が「サイレント」となるように変更されていました。

それによって、カメラとスクリーンショットの音は「サイレント」としても、普通に出る状態になっています。

f:id:ringocat-note:20161011065302p:plain

消音の裏技を使い続けるには、次期iOSのバージョンアップでiOS 10.1にバージョンアップしなければいいのかもしれませんが、iOS 10.1では、おサイフケータイ機能である「FeliCa」が使えるようになると思われるので、是非ともバージョンアップをしておきたいところですよね。

まぁカメラの音を無音とすることでそれを悪用される危険も考えられますし、スクリーンショットは人がいないところで撮ればいいということになるのでしょうか。

10月末にリリースが予想されている次期iOS 10.1はまだβ段階でありますが、正式版でもカメラとスクリーンショットの音を消す裏技が使えなくなっている可能性は高いのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

© 2016 ringocat note.
プライバシーポリシー