ringocat note

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ringocat note

iPhone、Mac、雑記の記録。”ringocat”のメモ的備忘録的ノート。

iOS 10をクリーンインストールして”もっさり”を解消しよう!【iTunes編】

iPhone iOS 10

今回は、MacかWindows上のiTunesを使ったiOS 10のクリーンインストールの方法を紹介したいと思います。

 

iTunesで行う利点は、iCloudの容量が無料の5GBを超えてしまい、iCloud上にデータのバックアップが取れなくなったとしても、MacやWindowsのパソコンにiPhoneのデータのバックアップを取れることです。

 

データのバックアップを取ることで、iOS 10をクリーンインストールしても、後からアプリや電話帳などのデータを引き継ぐことができますので、iOS 10のクリーンインストールを行う前に、データのバックアップを取ることをお勧めします。

 

iCloudでバックアップを取っているか、パソコンを持っていない人は

いつもバックアップをiCloudで取っているか、パソコンを持っていない方は、iCloudを使ったiOS 10の再インストールの方法がありますので、下記の記事を参照してみて下さいね。

www.ringocatnote.com

 

まだiOS 9を使っている人は

まだiOS 9を使っている方は、一度iOS 10にアップグレードしておいて下さい。

それからiOS 10のクリーンインストールを行います。

iOS 9からiOS 10へのアップグレードは、iPhoneの「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」から行うことができます。

 

それでは、パソコンのiTunesを使ったiOS 10のクリーンインストールする方法を紹介したいと思います。 

 

まずはデータのバックアップから

↓まず、iPhoneをパソコンに繋げ、パソコン側のiTunesを立ち上げます。

立ち上げたら、下記のiPhoneマークをクリックし、iPhoneの管理画面を開きます。

f:id:ringocat-note:20160924204024j:plain

  

↓ iPhoneの管理画面の「バックアップ」の中の「このコンピュータ」にチェックを入れ、「iPhone のバックアップを暗号化」にチェックを入れます。

バックアップを暗号化すると、アカウントパスワードや、ヘルスケア、LINEのトークなどのデータを引き継ぐことができるので、チェックを入れる事をおすすめしておきます。

「このコンピュータ」と「iPhoneのバックアップを暗号化」の2つにチェックを入れたら、「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップがはじまります。

※はじめてコンピュータにバックアップを取る場合、「iPhone のバックアップを暗号化」にチェックを入れただけでバックアップがはじまるかもしれません。

f:id:ringocat-note:20160924204611j:plain

 

↓「iPhone のバックアップを暗号化」にチェックを入れた場合、パスワードの設定ウィンドウが出てくるので、バックアップデータを保護するパスワードを入力します。

自分だけが覚えていられるパスワードであれば何でも構わないでしょう。

f:id:ringocat-note:20160924205255j:plain

 

iPhoneの復元

iPhoneを探すをオフにする

↓iPhone側の「iPhone を探す」の機能がオンになっていたら、クリーンインストールする時に下記のようなアラートがでますので、iPhoneを探すをオフにします。

f:id:ringocat-note:20160924210126j:plain

 

 ↓「iPhoneを探す」の設定は、iPhoneの「設定」→「iCloud」→「iPhoneを探す」から出来ます。

「iPhoneを探す」のチェックボックスをオフにしましょう(画像はオンの状態です)。

f:id:ringocat-note:20160924210417j:plain

 

 iOS 10のクリーンインストール

↓iPhoneを探すをオフにしたら、パソコンのiTunesから「iPhoneを復元」をクリックします。

f:id:ringocat-note:20160924205942j:plain

 

↓復元をクリック。

f:id:ringocat-note:20160924210743j:plain

 

↓iPhoneの復元がはじまります。

iOS 10がクリーンインストールされ、iPhoneは工場出荷状態に戻ります。

アプリやその他のデータは先程バックアップを取ってありますので、あとで全て復元することができますので安心して下さい。

f:id:ringocat-note:20160924210822j:plain

 

↓iPhoneの復元が完了したら「キャリア設定のアップデート」のウィンドウが出ることがあります。

ここは「アップデート設定」をクリックでOKです。

f:id:ringocat-note:20160924210948j:plain

 

↓OK。

f:id:ringocat-note:20160924212932j:plain

 

↓iPhoneのバックアップのロックを解除するパスワードを聞かれますので、「iPhone のバックアップを暗号化」の時に設定したパスワードを入力します。

f:id:ringocat-note:20160924211139j:plain

 

バックアップデータの復元

↓iPhoneの復元が完了すると、コンピュータのiTunesが下記の画面になります。

「このバックアップから復元」を選び、「続ける」をクリックします。

(ここで、「新しいiPhoneとして設定」を選択して「続ける」をクリックすると、iPhoneはアップルの基本アプリしか入っていない状態に戻すこともできます。※電話帳も消えてしまいます。)

f:id:ringocat-note:20160924211541j:plain

 

↓iPhoneのバックアップの復元がはじまります。

以前入れてあったアプリやパスワード、電話帳、その他、全て元通りになります。

f:id:ringocat-note:20160924211659j:plain

 

↓iOS 10のクリーンインストールの完了です。

このメッセージが消えた後、iPhoneが再起動します。

f:id:ringocat-note:20160924212145j:plain

 

iPhone側の設定

↓iPhoneが起動すると「こんにちは」と出迎えてくれます。

iPhoneのホームボタンを押しましょう。

f:id:ringocat-note:20160924213205j:plain

 

↓あともう一息です。

「続ける」をタップして、iPhoneの指示に従い簡単な設定を行います。

f:id:ringocat-note:20160924213323j:plain

 

↓設定が完了すると、再びiPhoneが「ようこそ」と出迎えてくれます。

f:id:ringocat-note:20160924213522j:plain

 

後は、以前に入れていたアプリなどがダウンロードされ、インストールが完了するのを待つだけです。

 

以上でiOS 10がクリーンインストールされ、iPhoneの状態も以前と同じ状態に戻りました。

 

お疲れさまでしたm(_ _)m

 

まとめ

今回は、パソコンのiTunesを使った「iOS 10のクリーンインストールの方法」の紹介でした。

 

iOS 10をクリーンインストールすることで、使わなくなった余計なファイルやデータなども消え、iPhoneの動作が軽くなったり、不具合が減ったりすることも期待できます。

 

少し手順が多く面倒なように感じるかもしれませんが、説明をゆっくり読み進めていけばそれほど難しくないと思いますので、ぜひ挑戦してみて下さいね。

 

それでは、よいiPhoneライフを(^o^)丿

 

 

スポンサーリンク

 

Copyright © 2016 ringocat note. All rights reserved.
プライバシーポリシー