ringocat note

ringocat note

iPhone、Mac、雑記の記録。”ringocat”のメモ的備忘録的ノート。

iOS10.3をクリーンインストールしよう!

スポンサーリンク

日本時間の今日3月21日にリリースされた「iOS 10.3」ですが、せっかく新しいOSにバージョンアップするのですから、iOS 10.3をクリーンインストールして気持ちよく使ってみたいものですね!

また、「最近iPhoneの動作が重いな」と感じていた人は、iOSのクリーンインストールによって動作が軽くなることも期待できますので、興味のある方は一度挑戦してみてくださいね。 

 

それでは、今回はiOS 10.3のクリーンインストールの方法を紹介したいと思います。

 

2通りあるクリーンインストールの方法

クリーンインストールの方法には、「iCloud」を使う方法と、パソコンの「iTunes」を使う方法と2つの方法があります。

 

iCloudでバックアップを取りたくても、iCloudのストレージ容量が一杯で、iCluodでバックアップが取れなくなっている場合は、iCloudのストレージ容量を増やすか、パソコンのiTunesでバックアップを取る方法があります。

 

何れにせよiOS 10.3のクリーンインストールを行うには、一度iOS 10.3をインストールし、そのバックアップを取ってから、クリーンインストールをする、という流れになりますので、まずはじめにiOS 10.3をインストールする方法から紹介したいと思います。

 

手順1 一度iOS 10.3をインストールしておく

iOS 10.3のクリーンインストールを行うには、一度iPhoneにiOS 10.3がインストールしてある必要があります。

まだiOS 10.3にアップデートしていない人は、iPhoneの、

「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」→「ダウンロードとインストール」

から、iOS 10.3にアップデートしましょう。

f:id:ringocat-note:20170328025839p:plain

 

また、iOS 10.3にアップデートする前に、iOS 10.2.1でのバックアップも取っておいた方がいいので、下記記事のその理由と方法を参照にして、iOS 10.2.1のバックアップも取っておいて下さい。

www.ringocatnote.com

 

手順2 iPhoneを探すをオフにする

iOS 10.3のインストールが完了したら、iPhoneの「iPhoneを探す」機能を”オフ”にしておく必要があります。

「iPhoneを探す」を”オフ”にするには、iPhoneの

「設定」→「Apple ID」→「iCloud」→「iPhoneを探す」

を開き、「iPhoneを探す」のスイッチを”オフ”にします。

f:id:ringocat-note:20170320125336p:plain

 

手順3 iCloudからクリーンインストールを行う方法

バックアップの作成

iOS 10.3のクリーンインストール後、アプリやファイルなどを復元するために、一度iCloudへバックアップの作成をしておきます。

バックアップは、iPhoneの、

「設定」→「Apple ID」→「iCloud」→「バックアップ」

から行うことができます。

f:id:ringocat-note:20161025155634p:plain

 

iPhoneをリセットする

iPhoneのバックアップが完了したら、いよいよiPhoneをリセットしてiOS 10.3のクリーンインストールを行います。

iPhoneの

「設定」→「一般」→「リセット」

を開き、「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。

f:id:ringocat-note:20161025160143p:plain

 

iOS 10.3のクリーンインストール

本当に「iPhoneを消去」してもいいのか2度の確認が行われるのですが、いずれも「iPhoneを消去」をタップしてiPhoneをリセットします。

リセットされたiPhoneは、工場の出荷状態に戻り、iOS 10.3がクリーンインストールされます。

f:id:ringocat-note:20161025160445p:plain

 

iCloudからバックアップの復元

iPhoneのリセットが完了すると、iPhoneは自動的に再起動されます。

iPhoneの簡単な設定を行い、下記の画面になったら、「iCloudバックアップから復元」をタップし、先ほど保存したバックアップからiPhoneのアプリやその他の状態を以前の状態に復元します。

f:id:ringocat-note:20161025161541p:plain

 

以上でiOS 10.3のクリーンインストールは完了になります。

 

お疲れさまでした。

 

手順3 iTunesからクリーンインストールを行う方法

バックアップの作成

iOS 10.3のクリーンインストール後、アプリやファイルなどの状態を復元するために、一度パソコンへバックアップの作成をしておきます。

 

パソコンにiPhoneを繋げ、パソコンのiTunesを立ち上げます。

 

iPhoneのアイコンをクリックします。

f:id:ringocat-note:20161025152721p:plain

 

この「コンピュータ」と「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れ、「今すぐバックアップ」をクリックします。

iPhoneのバックアップを暗号化しておくと、iPhoneのLINEなどの情報もバックアップから復元されるので、暗号化しておくことをお勧めします。

f:id:ringocat-note:20170320133042p:plain

 

iTunesから初めてバックアップを取る場合に、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れると、暗号化するバックアップを保護しておくパスワードの入力を求められるので、任意のパスワードを設定すればOKです。

このパスワードは、iPhoneをバックアップから復元する際に必要となりますので、くれぐれも忘れないようにしておきましょう。

f:id:ringocat-note:20161025153430p:plain

 

バックアップがはじまります。

f:id:ringocat-note:20161025153625p:plain

 

iOS 10.3のクリーンインストール

バックアップが完了したら、iTunesの「iPhone を復元...」をクリックします。

f:id:ringocat-note:20170320133219p:plain

 

 

 

iPhoneは工場の出荷状態に戻り、iOSがクリーンインストールされます。

f:id:ringocat-note:20161025153726p:plain

 

iTunesのバックアップからの復元

iOSの復元(iOSのクリーンインストール)が完了したら、先ほど取っておいたバックアップから、iPhoneのアプリや連絡先やその他情報など全てを以前のiPhoneの状態に復元します。

f:id:ringocat-note:20161025153834p:plain

 

iPhoneの情報を暗号化し、バックアップする時に設定したパスワードを入力します。

f:id:ringocat-note:20161025154046p:plain

 

バックアップから、iPhoneの復元がはじまります。

f:id:ringocat-note:20161025154139p:plain

バックアップからの復元が完了したら、iPhoneが自動的に再起動され、iOS 10.3がクリーンインストールされたiPhoneを使い始めることができます。

 

お疲れさまでした。

 

それではみなさん、良いiPhone LIFEを!(^o^)丿

 

関連記事

www.ringocatnote.com

www.ringocatnote.com

 

スポンサーリンク

 

Copyright © 2016 ringocat note. All rights reserved.
プライバシーポリシー