ringocat note

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ringocat note

iPhone、Mac、雑記の記録。”ringocat”のメモ的備忘録的ノート。

iPhoneの純正イヤホンがピンク色に変色!?原因と元に戻す方法は?

iPhoneイヤホンを部屋の隅っこに置きっぱなしにして、しばらく使っていなかったら、イヤホンケーブルの色がピンク色変色していました!

 

↓下の画像がそのそのイヤホンなのですが、ピンク色に変色しているのがおわかりになるでしょうか?

f:id:ringocat-note:20170226081331p:plain

 

↓イヤホンコードの部分を拡大したところ。

イヤホンの白いコントロール部分と、ピンク色に変色したコードの色の違いがわかります。

f:id:ringocat-note:20170226082350p:plain

使っていなかったイヤホンが、なぜこのようにピンク色に変色してしまったのでしょうか?

気になったので調べてみました!

そして、元に戻す方法もあるようなので、あとで紹介したいと思います。

 

 

まずは、イヤホンコードの色がピンク色に変色した原因から。

ピンキング現象

このイヤホンコードがピンク色に変色してしまう現象のことを「ピンキング現象」と言うらしいです。

白色や黄色の明るい色の「EMケーブル」は、ケーブル材料に含まれるフェノール系酸化防止剤により、複数の条件下でこのようにピンク色に変色してしまうらしいのです。

 

ピンキング現象が発生するには、「暗い場所」、「酸化性ガスの存在」、「アルカリ雰囲気での高温多湿の場所」などの発生条件があるそうです。

 

・・・・・。

 

う〜ん・・・、ワタシの知識では難しくて、言っていることがなんとなく雰囲気で理解できるかなぁと言うレベルですが(^_^;)

 

まぁ、具体的な場所の例として、

  1. 幹線道路沿いの建物内。
  2. エンジン式フォークリフトを使用している倉庫内。
  3. アルカリ成分を含むダンボールや紙に直かに梱包されている状態で保管されている場合。

などが挙げられるそうです。

これなら理解できますかね。

 

ワタシの部屋は幹線道路沿いにあるので、ワタシのiPhoneのイヤホンの場合、1番の「幹線道路沿いの建物内」の条件が丁度それにあたります。

その部屋の隅っこの暗い場所に保管されていたので、イヤホンコードがピンク色になるピンキング現象が起こったのだろうという事が分かりました。

 

ところで、同じ家に住んでいても、ワタシの妻や息子のiPhoneのイヤホンコードの色はピンク色に変色していないのですが、このコードの色が変色する人と変色しない人の差は、もしかすると、外を歩く時に天日にさらされてイヤホンをよく使用している人か、していない人かの差なのかもしれません。

 

材質に変化はない

ちなみに、このピンキング現象では、「材料の分解を伴わないので、ケーブルの材質の変化は生じない」とのことですので、安心しました。

 

ピンキング現象を回避するには

また、このピンク色に変色するピンキング現象を回避する方法もあります。

要は、ピンキング現象が起こる発生条件を揃わないようにすればいいのですね。

具体的な方法として、

  1. 明るい環境ではピンキング現象は発生しづらくなる。
  2. 酸化性ガスが接触しないように、プラスチックの袋に入れて密封して保管する。

などがあります。

 

ピンキング現象によりピンク色に変色したイヤホンコードの色を元に戻す方法

もしもピンキング現象が発生したとしても、強い光に当てることによって、ある程度まで回復することがあるそうです。

 

光の中で一番強い光・・・・太陽の光でしょうか?

 

ということで、ワタシも部屋の隅っこの暗い場所で保管され、ピンキング現象が起こってしまったiPhoneのイヤホンを、太陽の光の元で天日にさらしてみました。

 

 

・・・・・・。

 

 

そして、約1時間ほど天日に晒したiPhoneのイヤホンが下記になります。

 

↓見事なまでにコード部分のピンク色が落ち、色が白く戻りました\(^o^)/

f:id:ringocat-note:20170226091520p:plain

 

↓拡大してみたところ。

キレイに白く色が戻っているのがわかります。

f:id:ringocat-note:20170226091553p:plain

 

まとめ

iPhoneのイヤホンコードがピンク色に変色する現象は、ピンキング現象によるものでした。


暗所ではなく明るい場所や、プラスチックの袋の中で保管することで、ピンキング現象を回避することもできます。

万が一ピンキング現象が起こってしまっても、太陽などの明るい光に当てることで、ある程度元の色に回復することもできます。

 

今回、ピンキング現象で参考にしたサイトは、下記のページになります。

http://www.jcma2.jp/eco/pdf/at4.pdf

 

それではみなさん、良いiPhoneLIFEを(^o^)丿

 

こんな記事も書いています

www.ringocatnote.com

 

www.ringocatnote.com

スポンサーリンク

 

Copyright © 2016 ringocat note. All rights reserved.
プライバシーポリシー