iPhone版Chrome「あとで読む」機能を実装。その使い方を紹介します。

f:id:ringocat-note:20170315135204p:plain

みなさんは、iPhoneで集めた情報を後でゆっくり読みたい時にはどうしているでしょうか?

「Pocket」というサービスに登録していたり、Safariの「リーディングリスト」などを利用しているかもしれません。

先日アップデートされたiPhone版のChromeにも、「あとで読む機能(リーディングリスト)」が実装されたので、その使い方を紹介したいと思います。

ウェブページを保存する方法

Chromeでウェブページを開いたら、画面右上の「・・・」というメニューを表示するアイコンをタップします。

f:id:ringocat-note:20170315135302p:plain

出てきたメニューから、「共有アイコン」をタップします。

f:id:ringocat-note:20170315135335p:plain

下に出てきたメニューから、「後で読む」をタップします。

f:id:ringocat-note:20170315135351p:plain

使い方はとても簡単ですね。

また、URLやリンクを「長押し」することで、出て来たメニューから保存することもできますよ!

f:id:ringocat-note:20170315135717p:plain

ウェブページを後から読む方法「リーディングリスト」

保存した記事をあとで読むには、Chromeの画面右上の「・・・」というメニューボタンをタップします。

f:id:ringocat-note:20170315135302p:plain

メニューの「リーディングリスト」というところから、「あとで読む」で保存した記事を読むことができます。

メニューの右側に出ている数字は、「未読のページの件数」になります。

f:id:ringocat-note:20170315135555p:plain

下記はリーディングリストを開いたところですが、記事タイトルの左側に出ている「緑色のチェックマーク」は、「記事の保存が完了しているよ!」ということを表しています。

f:id:ringocat-note:20170315140319p:plain

また、リーディングリストに保存した記事は、通信環境のないオフラインでも読めますので、機内モードにしていたり、長いトンネルの中で電波が届かない場所であっても、保存したウェブページを見ることができますよ!

リーディングリストから記事を削除する方法

Chromeの「メニューアイコン」をタップします。

f:id:ringocat-note:20170315135302p:plain

「リーディングリスト」をタップします。

f:id:ringocat-note:20170315135555p:plain

画面右下にある「編集」をタップします。

f:id:ringocat-note:20170315141527p:plain

記事を選んで削除するか、画面左下の「既読を削除」とタップすることで既読記事をまとめて削除することもできます。

f:id:ringocat-note:20170315141543p:plain

まとめ

iPhone版Chromeにも、便利な「あとで読む」機能が実装されました。

他のデバイスとブックマークを共有していたりする関係で、「私はiPhoneでもChrome派!」という方にはとても便利で嬉しい機能なのではないでしょうか。

それではみなさん、良いiPhone LIFEを!(^o^)丿

こんな記事も書いてます

https://www.ringocatnote.com/entry/qr-chromewww.ringocatnote.com

 

コメントを残す