ringocat note

ringocat note

iPhone、Mac、雑記の記録。”ringocat”のメモ的備忘録的ノート。

1日20秒でできるiPhone入門(英字の一文字目を大文字にしない方法)

iPhone 8/8 Plus発売!

英文の書き出しの一文字目は大文字からはじまるのですが、 iPhoneの英字入力の一文字目が必ずしも大文字にしたいとは限りません。

特に「iPhone」と打ちたい時は一文字目が大文字だと「Iphone」になってしまうので、一文字目に小文字を打ちたいですよね(笑)

 

今回は、iPhoneの英字入力の一文字目が大文字になってしまうのを、小文字にする方法を紹介します。

 

iPhoneの「設定」→「一般」→「キーボード」から、「自動大文字入力」のスイッチを”オフ”にします。

f:id:ringocat-note:20161016223458p:plain

 

これで、英字入力の一文字目も小文字で入力できるようになりました。

 

この設定の状態で一文字目を大文字にしたい時は、英字キーボードの「シフトキー(⬆)」を一回タップしてから入力すると大文字を打つことができます。

 

ちなみに、「シフトキー」を2回タップすると二文字目以降も大文字になり、もう一度シフトキーをタップすると、大文字入力が解除され小文字入力に戻ります。

スポンサーリンク

 

Copyright © 2016 ringocat note. All rights reserved.
プライバシーポリシー