Apple、4月以降に申請するアプリはiPhone Xのディスプレイに対応することが必須条件に

f:id:ringocat-note:20180216094141p:plain

2018年4月より、App Storeに新規に申請されるアプリの全てが、iOS 11 SDKを使用して作成される必要があり、iPhone XのSuper Retinaディスプレイに対応しなければならないことを、Appleは開発者向けに通達を行いました。

 

これは、開発者が最新の開発ツールを使うことにより、最先端の機能の採用を促進させ、App Store全体が古くなるのを防ぐ目的があるのではないかと憶測されています。

 

新しいアプリを開発する開発者にとって、iPhone Xのディスプレイに対応させることは、既に最優先課題となっています。

 

ただし、これはあくまで4月から新規に申請するアプリに対しての決め事であり、既存のアプリに関してではありません。

 

新しいルールの施工は、2018年4月から。

 

iPhone Xユーザーとしては、多くのアプリが縦長のディスプレイに対応してくれることは、嬉しい限りですね!

 

それではみなさん、良いiPhone X LIFEを!

 

Source: 9to5Mac

 

 

コメントを残す