ringocat note

ringocat note

iPhone、Mac、雑記の記録。”ringocat”のメモ的備忘録的ノート。

【iPhone】アクティベーションロックとは

スポンサーリンク

アクティベーションロックとは

iPhoneの「iPhoneを探す」には「アクティベーションロック」という機能があります。iPhoneを紛失したり盗難にあったりしても、第三者に使われないように保護する「盗難予防機能」のひとつです。

 

例えば、iPhoneにパスコードで「パスコードロック」をかけてあったとしても、それだけではiPhoneが盗難にあったときに「同期」によって中のデータを盗まれたり、「初期化」されてしまう恐れが残っています。

 

「アクティベーションロック」が有効になっていると、iPhoneの「同期」や「初期化」には、Apple IDとApple IDのパスワードが必要となってきて、それらの恐れを防ぐことができます。

万が一iPhoneが盗難にあったとしても、アクティベーションロックをかけてあれば、中のデータは安全だということです。

 

アクティベーションロックをオンにするには

アクティベーションロックは、「iPhoneを探す」をオンにすることで自動的に有効になります。

 

「iPhoneを探す」をオンにする方法

「iPhoneを探す」をオンにするには、iPhoneの「設定」の一番上にある「Apple ID」をタップします。

f:id:ringocat-note:20170515194017p:plain

 

「iCloud」をタップ。

f:id:ringocat-note:20170515194026p:plain

 

「iPhoneを探す」を”オン”にします。

f:id:ringocat-note:20170515194236p:plain

 

また、アクティベーションロック = 「iPhoneを探すがオン」になっていることで、万が一iPhoneを紛失しても、今iPhoneがどこにあるのか探すこともできます。

iPhoneを探すには、「https://www.icloud.com/#find」にアクセスして、サインインすることで、今iPhoneがどこにあるのか地図に映し出されます。

 

万が一iPhoneを紛失したときは「紛失モード」に!

また、上記ページにサインインして、紛失したiPhoneを「紛失モード」にすることで、iPhoneにパスコードロックをかけたり、電話番号を含んだ「カスタムメッセージ」を表示させたりすることもできます。

「紛失モード」でiPhoneの機能をロックすることで、iPhoneに登録していた「Apple Pay」の悪用も避けられます。

↓カスタムメッセージを表示させたiPhone

f:id:ringocat-note:20170515195758p:plain

 

ちなみに、アクティベーションロックがかかっている場合、「iPhoneを探す」機能をオフにする時にもApple IDとパスワードの入力が必要になってきますよ!

 

iPhoneを他人に譲渡する場合はアクティベーションロックをオフに!

ただ、iPhoneを下取りに出したり他人に譲るときは、アクティベーションロックをオフにしてから譲渡してください。

じゃないと、他の人がiPhoneを使えなくなってしまいますので・・・・。

 

アクティベーションロックをオフにするには

アクティベーションロックをオフにするには、「iPhoneを探す」をオフにすればOKです。 

 

iPhoneを他の人に譲渡する場合は、ついでにApple IDからもサインアウトして、iPhoneを初期化してから譲渡することをAppleは推奨しています。

 

また、ネットや店頭等で中古のiPhoneを入手する時は、必ずアクティベーションロックがオフになっていることを確認してから入手しましょう!

じゃないと、使えないiPhoneを買ってしまうことになるので・・・。

 

 まとめ

アクティベーションロックとは、iPhoneの盗難予防機能のひとつです。

アクティベーションロックを有効にするには、「iPhoneを探す」をオンにします。

iPhoneを安全に使うためには、ぜひ有効にして使いたい機能ですね!

 

それではみなさん、良いiPhone LIFEを!(^o^)丿

 

関連記事

www.ringocatnote.com

 

スポンサーリンク

 

Copyright © 2016 ringocat note. All rights reserved.
プライバシーポリシー