ringocat note

ringocat note

iPhone、Mac、雑記の記録。”ringocat”のメモ的備忘録的ノート。

私事ですが、、ずっと体調を崩していました

iPhone 8/8 Plus発売!

体調を崩して、しばらくブログの更新ができずにいました。。。

 

ワタシの自己紹介記事(はじめまして - ringocat note)にもある通り、このブログをはじめた頃は、ワタシはとある職人をやっていました。

 

しかし、去年の2016年春、ワタシは「躁うつ病」を発症してしまい、体調が大きく変化し、仕事を続けることができなくなり、2016年の暮れに、ワタシは20年以上続けていた職人業を一時休業することになりました。

 

みなさんは「職人」といえば、どのような世界を思い浮かべるでしょうか。

 

一般的に職人の世界とは「厳しい世界」と思い浮かべるのかもしれませんが、ワタシにとっての職人の世界は「時間を自由に使える自由な世界」といった感じでした。

 

もちろん、「自由」の中には「厳しさ」もあります。

商品の仕上がりに妥協は許されませんし、失敗があれば全て自分の責任となります。

しかし、そのことに気をつけていれば、仕事のどこから手をつけようが、何時から何時まで仕事をしようが、今日は休みにしようが、代わりに日曜祝日を仕事の日にしようが自由です。

 

そんな自由な世界の中で20年以上仕事を続け、ワタシは躁うつ病となってしまいました。

 

躁うつ病になってしまった原因として、ワタシは某大手企業の下請けの職人をやっていたのですが、ここ数年は企業が作業効率を追求するばかりに、納期というものが短縮され、時間的な余裕が奪われてきたところにあったのではないかと考えています。

 

それに加え、家庭の中では、かみさんが眼底出血というものを起こし、片目の視力が奪われるという事態に陥りました。

眼底出血とは、目の毛細血管が何らかの原因で切れ、出血を起こすことです。

そんな家庭内の心配事などが重なり、ワタシは躁うつ病となったのではないかと考えています。

 

そして、今年、2017年の7月末、かみさんがもう片方の目も眼底出血を起こし、両目の視力が奪われてしまいました。

その心労があったのか、ワタシも体調を崩し、ここしばらくブログを更新できずにいました。

 

ちなみにかみさんの今は、この8月に両目の眼底出血の治療の手術を受け視力も回復し、安心しているところです。

 

そして、躁うつ病を患った現在のワタシはというと・・・現在も躁うつ病のままで、月に一度の通院を行い、投薬治療を受けています。

この病気の治療にどれだけの日数がかかるのかはわかりませんが、主治医の先生がおっしゃるには「そのうちいつかは必ず良くなる」そうなので、その言葉を信じ治療を続けていこうかと思っています。

 

ちなみに、職人業を休業したワタシの現在の職業はというと、障がい者が再び一般就労を目指す「就労継続支援A型」と呼ばれる事業所で、一日4時間働いています。

躁うつ病になってからすっかり体力も集中力もなくなってしまったワタシは、その4時間を働くのもやっとの状態です。

今は家族に迷惑をかけながらも、なんとか生活しているといった状況でしょうか。

 

一般就労できる力を身に着け、もう一度職人の世界に戻りたいか・・・というと、今のところの気持ちは微妙です。

もう一度戻ってまた同じことになるのではないかという不安と、今はとにかく体力が落ちてしまっているので、ハードな仕事を続けられる自信がないからです。

 

当ブログの自己紹介で、ringocat noteの管理人の本職は「職人」であると紹介し続けることはできたのですが、どうしても嘘をつけないワタシは、現在のワタシの状況を伝えずにはいられず、この記事を書きました。

躁うつ病のカミングアウトによって、このブログから離れていく読者もいるかもしれませんが、どうしても嘘をつき通したままブログを続けることができなかったので。

 

前回の記事からブログを更新するのに時間がかかってしまいましたが、これからもお付き合いいただける方は、どうぞ今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

最後にもう一言言いたいことは、もしもワタシのように精神疾患で苦しみを抱えている方がいらっしゃったら、いつか良くなる日がくることに希望を抱いて、共に乗り越えていきましょうね!

 

ringocat note 管理人: ringocat

 

スポンサーリンク

 

Copyright © 2016 ringocat note. All rights reserved.
プライバシーポリシー